顧問弁護士の魅力

弁護士には様々な魅力があります。
まず、弁護士の役割として法律知識を提供するというメリットがあります。
よくある話ですが、企業経営などでトラブルになるのは法律知識を持った社員とトラブルを抱えてしまった場合です。
例えば行政書士や社会保険労務士のように法律の専門知識を持った社員を雇用している場合に法的な問題が発生してしまった場合には企業の経営人にとって非常に困った立場に立たされます。
法律の知識がないため、どのように判断を下せばいいのか、またどのように相手の法的な問題を解決してあげればいいのか考える事は非常に難しいことです。
この時に弁護士が問題解決に参加する事は非常に有意義な事です。
弁護士の法的な知識を使って、トラブルの原因を解決するほどで労使双方にとってメリットがある解決を図る事ができます。

また、弁護士はトラブルの代理人になる事ができるという魅力があります。
トラブルの当事者になり続けるのは非常に疲れるもので、どうしても問題の交渉に疲弊してしまいます。
この時、代理人として企業を代表して交渉の間に入ってくれるのは顧問弁護士を雇う大きな魅力です。
トラブルの当事者になり続けない事で、正しく物事を判断できるようになります。